77億の感動


アメリカ在住のパフォーマーです。世界人口77億の感動研究中。プロフィールは下のカテゴリーから。
by KunikoTheater
プロフィールを見る
画像一覧

アナログ 極上の楽しみ

大阪のおかんが、電話でのたまう。
「ジレリになったらテレビが見られへんようになるで。、
なぁ、あんた、帰ってきて、一緒にどうにかして~」

ジレリ?

ふむ、地デジのことであった。

詳しくオンラインで調べてみると、2011年7月にアナログ放送終了らしい。
テレビマニアックのおかんとしては、それまでにどうにかせねばならない。
同じページに、デジタル放送の利点が説明されていた。
高画質、臨場感あるサウンド。

おかんにとってはどうでもええもんです。
おかんはラジオで育ち、白黒のテレビのチャンネルをカンカンたたきながら回してなんぼの世界です。今や、カラーテレビにリモコンですが、それすら、実はどうでもよく、映って聴こえたらそれでええんです。

おかんは、そういう足りないものばかりのアナログを楽しんでいるところがあります。
放送に足りない部分、見えないもの、聞こえない音を
豊かに持ち合わせた想像力でうめる楽しさを、知っているように思います。

そこで思うのです。
私はハイテクに興味があるし、うちのオタク亭主の影響もあって、
デジタル世代を謳歌していますが、
デジタルがアナログを上回り、
人間性や知性をもあげるとは言い切れません。

劇場にもハイテクは登場し、
照明と映像を駆使したミックスメディアのショーがおもしろいです。
でも、アナログなマイムや芝居が、それに負けてはいかんと思うのです。
古いものを犠牲にするな、とか温故知新とかを叫んでるのではありません。
アナログのショーって、めちゃくちゃおもろいと叫びたいのです。
(叫ばなくても、みぃんなそれくらい知ってるぅ、、、すんません。ついコーフンしてしまいました。)

たとえば
寄席にいって、落語。a0105219_23594314.jpg
自分の想像力と隠れた知性をフンダンに使ってみようと、腰をすえて挑む時、
そのおもしろ味は言葉になりません。
古今亭志ん生師匠のビデオ、でお試しを。


http://video.google.com/videoplay?docid=2913089712772544946#
[PR]
by kunikotheater | 2010-05-29 00:00 | 77億の感動の研究

カテゴリ

全体
プロフィール
このブログのこころ
77億の感動の研究
ストーリーテリング
アメリカエンタメ情報
エッセイ
ランニング

ファン

ブログジャンル

画像一覧