77億の感動


アメリカ在住のパフォーマーです。世界人口77億の感動研究中。プロフィールは下のカテゴリーから。
by KunikoTheater
プロフィールを見る
画像一覧

我思うゆえに我あり

a0105219_11493050.jpg目医者にいったら
コンタクトの度が変わって、見え方が随分変わった。以前よりよく見えるようになった。
すると
鏡で自分の顔を見ると、細かいところが見えて、
気分が悪い。
私はもっと美人だと思っていた。
家だって、細かいところが見え、
やたらほこりっぽいではないか!
もっと美しいおうちだと思っていた。

鏡の中の私は違うもうひとりに私に思えた。
今見える家は、違う家に思えた。

違うわけがない。
同じものである。

そんな思いのまま、キッチンへ行くと、
白ワインがボトルの半分しか!残ってない。
が、
、、、、半分も!残っている。
と思うことに罪はない。
どちらが真実なのだろう?
いったいどれが真の存在なのだろう?



我思うゆえに我あり。

フランスのデカルト兄貴がかつて謎めいた言葉を残してくれました。
何が真実であるか、
何が真の存在であるか、
禅の坊主連中は、知りません、という。
そしてそこに真実がある。
デカルト兄貴は、
思い続ける自分の存在を感じ、
ゆえに
これは疑えない存在だぜ、っていう真実を投げかけてくれます。

じゃぁ、あたしなりにチョット飛躍して、、、、
考えたり感じたりすることが、私の存在の感触なのであれば、
思いの彼方からやってくる夢も、私の存在の一部で、
夢というのはまんざらの戯言でもないと考えていいでしょうかね、兄貴。
たとえその夢がかなわなくても、
思っただけでも、私の存在の証しがあると思ったりして、
弾む心で、
デカルト兄貴を読む土曜の夜でした。
Rock'n Roll~ ★



[PR]
by kunikotheater | 2010-06-06 08:50 | エッセイ

カテゴリ

全体
プロフィール
このブログのこころ
77億の感動の研究
ストーリーテリング
アメリカエンタメ情報
エッセイ
ランニング

ファン

ブログジャンル

画像一覧