77億の感動


アメリカ在住のパフォーマーです。世界人口77億の感動研究中。プロフィールは下のカテゴリーから。
by KunikoTheater
プロフィールを見る
画像一覧

忙しくメロー、そして夕暮れ

毎年だけど、12月は家にいることが俄然多いのです。
で、家で次のショーの製作とリハと箏のけいこ、などなど、
プラス、事務と家事であっという間の師走を走り抜けます。

明日は地元のマジシャンのクリスマスパーティで、
ギフトに持ち寄るケーキを2種類, ニンジンケーキとチョコバナ全粒ケーキ、
と、私の自慢の全粒パンを一気に作ります。
どれも作ったのことのあるレシピで、気合はメローです。
シナモンやチョコレートの匂いが暖かくみちて、
NetflixのチャンネルのPandoraというチャンネルがラジオをかけて、
夕暮れを迎えました。
Emiliana Tornini です。
彼女のポップな曲は、好きになれませんが、、
つぶやくような歌は
美しい12月の夕暮れの影のようにゆっくりと時を流してます。
Hope you enjoy.






http://kunikoyamamoto.blogspot.com/2009/12/blog-post.html

a0105219_6211662.jpg

[PR]
by kunikotheater | 2009-12-11 10:30 | 77億の感動の研究

Across The Universe

12月になって、2009年も終わりなんだと今更のように感じたりする。

今年をふりかえって、
一番夢中になったのは、映画「Across The Universe」。
2009年の作品ではないけれど、
2008年の公開からずっと夢中になっていたように思う。
自分は空を飛べるんじゃないかと思う位、ハイになれた。
映画をみたすビートルズのカバーの数々にも、泣けた。



それにしてもAcross The Universe の詩の意味は
ほとんど知らなくて、
この下のビデオで知った。
、、、知った、、というか、読んだ。
この詩を知るには、
ジョン・レノンが遠くにいすぎて、
届きたくても、小さな感触しかない。
私は、
まだまだわかりはしない。
わかりたいのだけれど>>>



カバーは他にも多くのアーティストがしていますが、
Apple Fiona のクリップが好きです。
Jai Deru deva om
=Hail the Lord

宇宙のどこかの神にむかって、、、
今日も愛と感謝をこめて。


[PR]
by kunikotheater | 2009-12-08 13:18 | 77億の感動の研究

Sarasota Art Show

a0105219_1056327.jpg


アートショーに行った。

a0105219_10565980.jpg


陶芸家の友達が私の街のアートショーに出るという。
アートショー、、、
「何それ?」
「う~んなんていうかなぁ、説明しにくいねぇ、ギャラリーでだすのは知っちゅうね、これは違うよ。
大きな世界でね、小さいのよ。ここでやれると食べていくしね。
ふぅ、食べていくのはまた違う世界ねぇ、あまり風が吹かんしね。まぁ、かまん(かまわない)けどね。
選ばれたアーティストが作品を出してね、ブースでね、売ってね、、、あんたの住む街は買い手が多くてね、選ばれるのがたいへんでね、毎年は無理みたいでね、、」

いつものことやけど、彼女との会話、ようわからん。
あんた、陶芸家でよかったなぁ、あんまりしゃべりなやぁ~、ガハハ~。
で、
彼女が家に晩飯を食べにきて泊り、
翌朝、一緒に会場を行くことになった。

a0105219_10583012.jpg

a0105219_110883.jpg


大阪府立体育館を思わせたでっかいコンベンションセンターは
アーティストのブースが100ほど集まり、
彼女のブースは、昨日4時間もっかかってセッティングしたという。

ブースは3畳間くらいの大きさ。
自分でライトを取り付け、カーテンや壁を持ち込む。
作品には値段がついており、アーティストが自分で売る。
私の友達はいすに座り込み、入ってくる人と話をし始める。

「あんた、しゃべったらわけわからんから、あたしが売ったる」
あたし登場。
170ドルの絵が一枚売れた。
やるやんか、あたし。
けどその後は、たいして売れなくて、
彼女は彼女らしく、
わけのわからん言葉で買い手とふれあうのが、
実はよく売れる、と学んだ。

アートショーのお客様はコレクターとまではいかないけれど、
アートが好きで、数千ドルの彫刻や絵を買っていく。
でも数十ドルの作品を目指して、
アーティストから直接買うのが楽しくて来る人もいる。
とか、
彼女のお客様で、こんな人もいたらしい。
「このつぼね、私の夢の中に出てきたのと同じなの。買うわ。私ね、パートのおばさんで、お金なんてないのよ。このお金を払うと、次の電気代が払えないかもしれないわね。でもいいの。これは、私、絶対ほしいの。」

つぼの夢?どんな夢だったのだろう?
私の友達は彼女の言葉に感動して、言葉を失い。何もきかなかったという!
^&*@# しゃあないやっちゃ。
「アホやねぇ!」と言うと
「あんたに言われたないわぁ~」
愛くるしいツッコミ返しするのであった。

a0105219_1059236.jpg


ミシガンから来たアーティストの友達も来ていた。a0105219_1123138.jpg
でっかいバンでアメリカ中のアートショーをいくつも行くのだそうだ。
話によると、アートショーにもレベルがあって、トップのショーになると、
何万ドルの作品が、名高いコレクターに買われていくこともあり、
そのショーに選ばれるために、プロの写真家に写真をとらせ、
売る、のだそうだ。

ビジュアルアートの世界のビジネスは、
パフォーマンスより底知れない多様性をもって、
水平線を歩くようにつかみどころがない。

だからおもしろい。

例の陶芸家の友達のブースに戻ると、待ってましたとばかり、
「くにちゃぁ~ん、あたし、いろいろ受け止めたいねん、
水平線がみたくなったから、ビーチい行くわ。ブースみとってぇ~」
おいこら、友達よ、ビーチに行ってる場合か。

彼女はだからおもしろい。
水平線を軽やかに歩いておくれ!
[PR]
by kunikotheater | 2009-12-08 04:11 | 77億の感動の研究

カテゴリ

全体
プロフィール
このブログのこころ
77億の感動の研究
ストーリーテリング
アメリカエンタメ情報
エッセイ
ランニング

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧